« 2009年3月1日 - 2009年3月7日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »

2009年3月10日 (火)

安宅浩司

茶々でのライブ4月25日出演はこちら。

安宅浩司(あたかこうじ)

ギター奏者として出発しさまざまなバンドを経た後、
2005年頃からひとりで歌い始める。
2007年9月に1stアルバム『それでいいんじゃないかと』を
MIDI creativeより発表。
その柔らかく静かな歌とギターは、各地方へのライブ活動とともに、
地味にかつ着実に広まりつつある。
また、ギターをはじめとして、ペダルスティール、ドブロ、
マンドリン などを弾くマルチ奏者であり、
ハンバートハンバート、今野英明、中村まり、山田稔明(ゴメスザヒットマン)、
ううじん、湯川潮音などのシンガーのサポートをつとめる。
2008年には鈴木惣一朗率いる音楽集団ワールドスタンダードに参加。
(安宅浩司HPプロフィールより)

なんとも言えないそのやわらかい歌声とギターはじわじわとしみてくる。
人柄もこの歌のままである。

初めて彼のライブを見た時にCDを買って帰ってから工房でも随分聴いた。

YouTubeの映像をどうぞ。

あとは是非ライブで・・・

★4月25日(土) 安宅浩司 ライブ
 open 18:30 start 19:00
 ¥2,000-/ドリンク(珈琲or紅茶)とデザート付
 
※15名限定生音ライブです。
  ご予約はお店で直接、またはお電話でお願いします。

  「茶々-sasa」 
 東京都狛江市東和泉2-3-13 2F
 (小田原線「狛江駅」南口より徒歩7分)
 TEL:03-3480-0534

| トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

スパン子

4月10日 茶々でのライブ、もう一人の紹介。

スパン子(うた、アコーディオン、ピアノ)

5才からピアノを始める。
20才過ぎからハモンドオルガン、ピアノ弾きとしてカリフラワーズ、
イノトモなどの様々なバンドで活動し、
2003年「素」に加入をきっかけにアコーディオンを弾き始める。
その一方、うたと太鼓だけのシンプルなユニット「天地」でボーカルを経験。
現在の主な活動は、福でのうた、アコーディオン演奏、作曲の他に、
佐藤良成バンド、ハンバートハンバート、今野英明と東京ランデブーなどの
鍵盤やコーラス、創作神話紙芝居の音付け、作曲など。
ソロ活動もぼちぼち始め、北欧、占い、ミトコンドリア、
火山などをごっちゃにしたスパン子の気になる世界を歌っている。
(福 HPより)

特に詳しいわけではないけれど、
ブルースが好きで、こんなピアノがいいって言うのが僕の頭の中にある。

彼女はそんなピアノも弾いてくれる人。

一言で言うなら、かっこいいのだ。

★4月10日(金) catsup(ケチャップ)スパン子 ライブ
open 19:00 start 19:30
¥3,000-/ドリンク(珈琲or紅茶)とデザート付 
 ※15名限定生音ライブです。
  ご予約はお店で直接、またはお電話でお願いします。

茶々-sasa」 
 東京都狛江市東和泉2-3-13 2F
 (小田原線「狛江駅」南口より徒歩7分)
 TEL:03-3480-0534

| トラックバック (0)

« 2009年3月1日 - 2009年3月7日 | トップページ | 2009年3月15日 - 2009年3月21日 »